代表
ARI ShAke【本名:梅澤愛里(うめざわありさ)】
ARI ShAke blog

STEP IN THE LIFE
出会いときっかけをコンセプトとし、普段ダンスや音楽に触れることの無い人への音楽との出会いやきっかけを作ることはもちろん、日頃普通に生活するうえでは出会うことの無い人と人との出会いやそのきっかけ等を、ダンスを通じて提供。
さらには、ダンスは平和で平等なものと捉え、ダンスを通じて、年齢の壁、性別の壁、人種の壁や障がいの壁まで、様々な壁を壊すことを目標に掲げ活動。ジャンルの壁を超えたパフォーマンスで、オーディエンスの心を動かすエンターテイメントを行う。


活動実績(所属チーム、所属ダンサーの経歴含)
2011年4月STEP IN THE LIFE DANCE SCHOOLオープン
タウンニュース 人物風土記 代表梅澤掲載
FM戸塚 放課後放送部 所属チームLil STEPゲスト出演
タウンニュース スペシャル(障がい児)クラス掲載
横浜ダンスダンスダンス 3R夢ヨコハマダンスコンテスト 所属チームPOLISH7特別賞受賞
タウンニュース 上記記事掲載
FM戸塚 放課後放送部 所属チームPOLISH7ゲスト出演
FM戸塚 ママ・ポート・スタジオ 代表梅澤ゲスト出演(2回)
チャリティー発表会 Next STEP主催
リベルタ 上記記事掲載
タウンニュース 上記記事掲載
その他、オーディション合格者輩出、バトル入賞者輩出等。
地域貢献活動の一環として地域イベントへの参加の他、有名コンテストやイベントへの出演等、短い活動の中で様々な場所へと活動を広げ、注目を浴びている。
2013年11月に開催した、初主催イベントNext STEPでは、綺麗ごとではない真のチャリティーな内容を目標に開催したところ、数々の高評価を頂いた他、来場者のほとんどが感涙するという、発表会としては異例の形で公演を終え、公演後もたくさんの好評を頂いた。
第33回横浜開港祭メインステージ出演
tvk 【イイコト!】で特集


代表プロフィール
近年では珍しい遅咲きダンサーでありながら、1つのジャンルにとどまらず、幅広くこなすエンターテイナー。
19歳でフラダンス・タヒチアンダンスの名門チームに入門。ここで初めて踊りを始める。舞台未経験でありながら、入門半年という異例の早さで400名近くが在籍する教室のトップチームのメンバーに抜擢され、海外アーティストのジャパンツアーダンサーや、ビッグイベントへのゲスト出演等を果たす。1年後にはミスアロハフラにも輝いた実績のあるチーム最高顧問に認められ、トップチームの中でもメインのメンバーとして活躍。チームで出場した全国大会での優勝を始め、コンテストの賞を総なめにする。全国大会優勝に伴い、世界大会行きの切符を手にし、世界大会出場主要メンバーとしてのオファーがかかる。自身は諸事情により世界大会への参加は断念したが、チームは見事優勝。 21歳でストリートダンスへ転向。転向後まもなく怪我によるドクターストップがかかるなどする中でも活動を続け、年間100本近いショーをこなす。
また指導者としても実力を発揮し、幼児向けのダンス振り付けコンテストで、わずか2か月足らずで指導した子ども達を、約400チームがエントリーする中、見事入賞へと導く。これがきっかけとなり、自信のダンススクールSTEP IN THE LIFE DANCE SCHOOLをオープン。オープンわずか3年でありながら、上記のような経歴を残す。
さらに、障がい(ダウン症)の3歳の息子を抱えるシングルマザーで、自らも当事者という立場でありながら、障がい(児)者支援や、子育て支援の活動にも積極的に取り組み、その活動が評価されて、4年制大学でのゲスト講師や、子育て支援イベントのプロデュースの依頼なども受ける。最近ではこれらの活動が目に留まり、大手メディアからの問い合わせ等もある。
ダンスを通じて人を笑顔にすること、障がい等の壁を無くすことを最大の目的とし勢力的に活動。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。